リースでコピー機を導入しても同じ!大切に扱おう

コピー機をリースなどで導入した後はメンテナンスにも力を入れよう

リースでコピー機を導入しても同じ!大切に扱おう

ボタン

コピー機の導入後

すでに新品や中古、レンタルやリースなど様々な方法で、コピー機や複合機を導入した会社もあると思います。しかし、導入すれば終わりというわけではありません。長く快適に使うためにも扱い方や手入れ方法など、ちょっとした工夫が必要なのです。

男性

定期的なお手入れが大切

コピー機を清潔に保つためには、自分でのお手入れが重要です。外側は埃がたまりやすいので、揮発性の高いアルコールなどを使ってふいておきましょう。また、定期的に業者に点検やメンテナンスを行ってもらうことも大切ですよ。

コピー機

様々な不具合

不具合の中には、コピー機の紙詰まりやプリンターの目詰まりなど、自分で解決できそうなこともあるでしょう。そのような場合にはゆっくり、丁寧に行って下さい。無理に行うと別のトラブルを引き起こしてしまいますよ。

コピー機の故障を防ぐためにできること

複合機

正しい手順で行う

コピー機の種類によって、手順が変わってくる場合があります。わからない場合は適当に操作するのではなく、取扱説明書を確認しながら作業を行って下さい。

丁寧に扱う

様々な機能がついているコピー機は、丁寧に扱うことがとても大切です。乱暴に使っていては、それだけで故障を引き起こしてしまいますよ。

水分を避ける

コピー機にとって水分は大敵です。水分のあるものは近くに置かない、もしついたらふき取るなどの配慮を行いましょう。ちょっとしたことですが、この積み重ねがコピー機の寿命に繋がります。

コピー機のスペックを考える

どんなコピー機にも活動できる範囲があります。あまり休ませずに次々と作業を行ってしまうと故障の原因となってしまいます。コピー機の使用が一気に殺到することのないよう配慮して下さい。

広告募集中